スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュの必要性

こんにちは!

静かな森と明治・大正離れの宿 環翠楼 
カメラ大好き若旦那の荒木風太です。

みなさん旅行に行ったら写真を撮りますよね。
スマホだったりデジカメだったり、さまざまだと思います。

環翠楼に来られたお客さまもたくさん撮っていかれます。

旅行に行ったら、
おいしい料理や気になった物、風景、お店の前なんかで撮りますよね。

でも、そのカメラ使いこなせてますか?

たぶんほとんどの人が使いこなせてないんじゃないかなーと思います。

そりゃそうです。

だってあんなに色々機能があっても訳わからないですもん。

F(絞り値)とかISO感度とかホワイトバランスとか・・・etc
「何だそれ」ですよね。

最初は難しいかもしれないですが、
1つずつでも設定がわかってくるときっと写真を撮るのがもっと楽しくなりますよ。

では、まずだれでもできる簡単なことを。

おそらく写真を撮る時オート(全自動モード)にする人が多いと思います。

その時フラッシュONにしてますか?

よく風景とか館内をフラッシュを使って撮る方がいますが、

実はフラッシュがない方が綺麗に撮れるんですよ。

もちろんシチュエーションによっては使った方がいい場合もありますが、
普段撮る時はほとんどいりません。

環翠楼HPの写真もボクが撮ってますがフラッシュなんてめったに使いません。

ちなみにフラッシュありなしを比べると、

フラッシュあり
5D6A0105.jpg

フラッシュなし
5D6A0106.jpg

フラッシュあり
5D6A0110.jpg

フラッシュなし
5D6A0111.jpg

フラッシュあり
5D6A0116.jpg

フラッシュなし
5D6A0117.jpg

フラッシュない方が綺麗にみえないですか?

それにフラッシュを使うとシャッタースピードが遅くなって写真がブレる原因にもなります。


環翠楼で写真を撮る時はフラッシュなしで撮ってみましょう!
スポンサーサイト

お茶が美味しい理由

ようやく春らしくなってきましたね。

こんにちは。
静かな森と明治・大正離れの宿 環翠楼 
なぜか白湯が好きな若旦那の荒木風太です。

当館に泊まった方なら知ってると思いますが、
環翠楼では電気ポットを一切使用していません。

というか持っていません!

今はどこに行っても電気ポットが主流ですが、ずーーーっと昔ながらの保温ポットを愛用しています。

手動で押すだけのこのタイプですね。↓

51q.jpg

それはなぜか?


電気ポットよりやかんで沸かしたお湯の方が

美味しいからです!

飲み比べるとわかるんですが電気ポットはなんか薬品みたいな味がするんですよね~。
ボクはそう感じました。

是非一度やってみてください。
違いがわかる人はわかるはずです。

電気ポットを使用すれば色々と楽になるんですけどね。

それでも毎日お客さまがチェックインする前に五頭のおいしい水を沸かして、ポットに入れて、各客室まで運んでいます。
無くなればまた新しくお湯を沸かします。

だから環翠楼のお茶はまろやかでおいしいのです。

正直手間はかかります。

でも旅館に来て最初に口にするものですしね。

おいしくお茶を飲んで幸せな気持ちになってもらいたいのです。

あ、もちろん茶葉も業務用のものではなく、私たちがおいしいと思うものを置いてますよ。

今までなかった庭ページ

こんにちは。

静かな森と明治・大正離れの宿 環翠楼 
カメラ大好き若旦那の荒木風太です。

先日環翠楼HPに庭のページを新規に更新しました!

環翠楼といえば、広大な庭と歴史ある建物がパッと思い浮かぶくらい特徴ですよね。
来られた方も「庭がすごいよね」とか「別世界みたいだね」と言ってくれます。
それなのに今まで庭のページがなかったんです。
なんで作らなかったんだろう。。(笑)

ということで作りました!
そんなに凝ったページではないですけど、なんとなくイメージは掴めるかなーと思います。
どんな庭かは実際に見てもらったほうが感動も喜びも一番ですからね。

環翠楼 庭ページ


ちなみにボクはカメラが大好きでHPなどの写真は自分で撮って編集しています。

Canon_EOS_5D_Mark_III.jpg

今回の庭ページの写真も自分で撮ったものを使用しました。
プロからしたらまだヒヨッコ程度の腕ですが、旅館のその時しかない瞬間や風景を撮れるのはどんなカメラマンよりそこにいる人が一番だと思います。上手いか下手かは別ですが。
カメラマンさんに「いついつ撮ってください」と約束してもその日が雨だったり風が強かったりと、当日が理想の天気とは限らないですからね。

でもたまに他の人が撮った写真を見ると、「あ、こういう撮り方もあるんだ」と気付かされます。
写真は奥が深いです。

色んな人が環翠楼の写真を撮って見せてくれたら嬉しいですね。

プロフィール

村杉温泉・環翠楼

Author:村杉温泉・環翠楼
環翠楼は、6,000坪の広大な森に囲まれた閑静な和風旅館です。
森を抜けると庭園が広がり、春夏秋冬違う表情を見せ、私達を楽しませてくれます。大きな池には鯉が泳ぎ、木立、石、苔など深い自然の懐に抱かれたような情景は、言葉に言い表わしがたい感があります。どうぞ、日常を離れ、贅沢なひとときをお過ごしください。

月別アーカイブ

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。