スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹明かり

竹明かり


梅雨が明けたら・・・と思っていました『竹明かり』。
タツヤ君がやりました!
知らぬ間にコツコツ作っていてくれたんですね。

カブトムシやら、お花やら、果物やら・・
様々な模様に刳り貫いてあり、火が燈っていない日中でも楽しめます。
これからも製作して増やしていくそうです。
スポンサーサイト

ネスパス行ってきました

ネスパスへ行ってきました。
私達、五頭温泉郷、咲花温泉さん、瀬波温泉さん、関川温泉さん、4つの温泉が集まりました。
各温泉が名物を持ち寄りアピール。
五頭温泉はアイラブ スワンレイクビール、安田ヨーグルト、五頭のようかんさまを用意しました。
お客様にどれも好評で、喜んで頂けるのがとても嬉しかったです。
「なまら」ってご存知ですか?
大阪は「吉本」、新潟なら「なまら」。お笑い集団です。
「なまら」からもお二人が参加してくれて楽しい一日になりました。
ネスパスで会えたみなさんと今度は村杉で会えたら、なお嬉しいです。

蛍の光と二胡と馬頭琴

今日もお客様と一緒に蛍を見に石塚さんのたんぼへ行ってきました。
「またぁ?」
と言われそうですが、このブログに書かなくても
実は毎日見に行っています。
息抜き息抜き。
今日はスペシャルデー☆
二胡(にこ)と馬頭琴(ばとうきん)〈中国・モンゴルの民族楽器〉の演奏がバックに流れていたんです。
生演奏です。
あの不思議と心和む音楽と蛍のやさしい光がマッチング。
そこに蛙の泣き声が「ゲコォ~ゲコォ~ゲコゲコ ゲッコォ」と
見事に重なる具合がまた良かったです。

村杉の周辺もだいぶ出てきました。
そろそろご案内できるかな・・・

英会話

今日は、オーストラリア人と中国人のお客様がお見えです。
お二人ともまったく日本語を話せないらしいのです。
実は私、10年前、2ヶ月程オーストラリアでホームステイしてたんです。
ですから、英語は得意・・・・・と言いたいところですが
残念ながら英語は苦手。

担当の仲居さんは新人さんのゆうかちゃん。
お料理を運び終えて厨房に戻ってきたゆうかちゃんの顔はなぜか苦笑い。
「どうしたの?」
「‘しょうゆ’がわからなかったんです。」
「しょうゆ?」
「はい。しょうゆ。」
「あ~、ソイソースねぇぇ」

そんなこともあるさ。元気を出そう!!

今になってよ~く思い出せば、チェックイン時に
アイロンを貸してくださいと言われ
「Shall we アイロン your shirt?」と言ってしまった私。
二人で一緒にアイロンがけって・・・
「Shall we dance?」じゃないんだから。
私がアイロンかけましょうか?って言いたかったんです。

英会話がんばります!!

新潟館【ネスパス】

【ネスパス】ってご存知ですか?
東京、表参道にある新潟アピール館の名前が【ネスパス】。
27日から7月2日までの各日、
新潟県の様々な温泉地から「うちの温泉はいいよ~」などとアピールをしに行きます。
温泉を運んで‘足湯’も用意するそうです。

環翠楼のある五頭温泉郷は27日。
2日は女将さん達が26人も集まります。
ど迫力です。
私は両日参加します。
お時間ありましたら是非遊びにいらっしゃってください。

蛍ツアーへ。

蛍ツアー


行ってきました!
初めてお客様とご一緒に蛍を見に。
運転手は長生館さん。
ガイドはわたくし。
目指すはゆうき農業の石塚さんのたんぼへ。

飛んでます!飛んでます!
田んぼの畦にも沢山光っています。
感動です!!!!
みんなしばらくの間黙って蛍の光を眺めていました。

神奈川からのお客様は「自然の蛍を見るのは初めて」
福島からのお客様は「子供の頃見たよりももしかしたら沢山いるみたい」と喜んでくださいました。

勉強不足のガイドのつたないお話を楽しそうに聞いてくださったみなさま、
どうもありがとうございました。

梅雨入り宣言

あじさい


新潟も梅雨入りしました。

ここ村杉温泉周辺はしょっちゅう強い風が吹きます。
地元人からは「ダシの風」と呼ばれ、この風が吹いた後は決まって雨降り。
今日は朝からダシの風が吹いていたので降るなぁと思っていたら
梅雨だったなんて。
気分がちょっとブルーになりそうだったので
何かしなければ・・・と
アジサイ模様の灰皿を限定で客室に出してみました。
庭のアジサイも色付いてきました。
今時期だけのお楽しみ。
梅雨が明けたら今年も竹灯りをしますのでどうぞお楽しみに。

100円市-ゆうきふれあい即売所-

うららの森の敷地内に、地元の農家の方達が朝採りした新鮮な野菜や生花等を
100円で売っている直売市があります。
毎週、水・土・日曜日の朝7時からです。
今日は水曜日。
行ってきました!
今は水菜や青梗菜が旬らしく沢山並んでいました。
ひとつひとつに作った農家の方の名前が書いてあるんです。
「○○さんの野菜を買いに」って目的を持って来るお客様も多いんですって。
私は食べる方が専門で作ることは滅多にしないんですが、
ここの野菜で誰かに料理を作ってあげるのもたまにはいいかなぁ・・・なんて。

お弥彦さま

昨日から一泊で弥彦温泉、「四季の宿 みのや」さんへ。
こちらの社長さん、普段は超多忙な方なんですが、
時間を割いては私に為になるお話をしてくれる頼もしい方なんです。

案内されたお部屋は大正ロマンの「浪漫館」。
これがまた、女の子の心をくすぐる可愛いしつらえなのです。
友達と二人「かわいい!」の連発でした。
本当にゆっくりできました。ありがとうございました。

弥彦と言ったら、弥彦神社。
私の名、”弥栄子”もお弥彦さまから頂いたんですよ。
なが~いなが~いお参りをして帰ってきました。
明日からまたがんばります。

うららの森3周年感謝祭

ちんどんや2

今日はうららの森の三周年記念祭。
環翠楼はおかげさまでお昼もご予約のお客様でいっぱいだったので、
私はうららの森に出かけることができず、残念がっていたら・・・
なんと!
感謝祭のゲスト、チンドン屋さんが環翠楼の庭園にも遊びにきてくれました。
チンチン、ドンドン、チンドンドン。
お客様も大喜びです。
チンドン屋さん、ありがとうございました。

蛍出ました!!!

ゆうきの里、笹神で有機農法をやっている石塚さんから「蛍が出たよ」と情報をいただき、
早速、石塚さんの田んぼへおじゃましました。
蛍、蛍、蛍。
数えると十数匹。
まだ少し時期が早いので飛んではいないんです。
田んぼのあぜ道に生える草にしがみついてピカ~ッピカ~ッ。
感動でした。
小さな蛍の光を見ながら石塚さんから様々なお話を聞き、
大きな自然を感じて帰ってきました。
今晩は石塚ワールドに浸って、これから少し蛍について勉強してみようと思います。

居酒屋けんちゃんで

温泉街から一歩路地を入ったところに『居酒屋けんちゃん』があります。
ここは幼馴染の志摩子ちゃんがカウンターに立っている私の憩いの場。
仕事が終わってからレモンサワーを一杯。
仕事の最中でも(ごめんなさい)夕飯を食べに20分。
地元の寄り合い場所でもあります。
旅館組合総会の後ちょこっとお仕事をしてその後けんちゃんへ。
そこで私の父話が。
「俺を青年部に誘ってくれたのは弥栄ちゃんお父さん、隆一さんだよ。」
「五頭を変えるのは俺達にかかっているってよく言ってたんだ」
「あの当時に銀座三越の屋上で田植えだよ」
「頑張ろうって手をとってさ」
「今の五頭があるのは隆一さんのおかげだ」
ありがたいです。
私は母である女将のことも父のことも追い越すことなんて到底できないけれど、築き上げてくれたものを大切にしたいです。



第10回旅館組合総会

第10回五頭温泉郷旅館組合総会が開かれ、女将の代わりに出席してきました。
あって当たり前のような組合が、設立されてまだ10年だったんだなぁと、
知っていてあたりまえのようなことを初めて知りました。
先輩達と話す機会はなかなかないので良い経験になりました。
ある先輩が、
「エコシャンプー、旅館で使っていたって自宅で使っている?旅館の周りの民家の人達使ってないでしょ?そんなんで自然は戻ってこないんじゃないかな。
ウソはつきたくないね。」

確かにその通り。
蛍が戻ってきたのはエコシャンプーを使ったからじゃないかも。
でもね、エコシャンプーのような少しずつの努力は確実に積み重ねられていると思うのです。
偉そうなことを言ってすみません。
いつか遠い将来かもしれませんが、旅館さんだけじゃなく五頭の里にいるみんなが自然に優しい生活ができるようになることを願います。
また、偉そうなことを言ってすみません。
どうしたらそんなふうにできるかを足りない頭で考えてみます。


新潟日報「20代って」

日報 20代って

新潟日報の「20代って-twenties-」、ご存知ですか?
20代ってこんなだよ、って一言では言い表せない難しい年頃。
色んな20代の人達を紹介している興味深い特集なのです。
フリーター、オタク、結婚しない女達、政治、29歳男の岐路とか。
オババくさいと言われている私ですが、20代、28歳。
今日の新潟日報に「跡取り」として載っています。

取材に来て下さった日報の萩野さん。
菅野美穂似のとても可愛らしい方でした。
同じく20代ってこともあり、沢山楽しいお話ができました。
「仕事は大変。でも、やっぱり好きだから・・・」
萩野さんとの共通点。
切ないこともあるし、なんぎこともある。
でもそのぶん嬉しいこともあるし、楽しいこともある。
頑張れないことなんて、ない。

カメラマンの坂井さん。
きれいな写真、ありがとうございました。
でもね、実物の私の方が若くみえるって言われましたよ。(笑)
近くの吉見新聞屋さんが驚くくらい大量に配達してくれました。
ありがとうございました。

噴水出しました

噴水


おはようございます。
お庭の噴水出しました。
涼しげですよ。

お客様からのお手紙

今、お客様からのお手紙を読んで感動して泣いてます。
私、口は悪いんですが、実は泣き虫なんです。
怒っては泣き、嬉しくては泣き、疲れては泣き、大変なんです。

環翠楼に宿泊3回目のK様。
いつも心のこもった暖かいお手紙を頂戴しましてありがとうございます。
うまく言葉に表して御礼を申し上げることができませんでごめんなさい。
本当にありがとうございます。
環翠楼で働くみんな、明日からまたがんばります。
どうぞ奥様にも宜しくお伝えください。
またお会いできますのを楽しみにお待ち申しております。

今日は菖蒲湯

菖蒲湯


菖蒲湯 風呂


菖蒲湯って知っていますか?
今日は旧暦の端午(タンゴ)の節句。
菖蒲で蓬(ヨモギ)を包んだものをお風呂の湯に浮かべるのです。
古くから菖蒲は邪気を払うものと言われ、子供の健康や幸せを祈ったり、
かおりが強いことから、この辺では山に入る人達の蛇避けとされています。

昔は軒にも葉を差したりしていたそうです。

環翠楼のお風呂にも原お手製の菖蒲を浮かべました。
沢山摘んできたので従業員さんみんなで分けてそれぞれの自宅でも菖蒲湯。
みんな健康で幸せでいれますように。
蛇にも噛まれませんように。

おすすめパスタランチ

うらら パスタ

環翠楼の庭園を抜けるとすぐの物産館「うららの森」には
軽食コーナーがあります。
ここのパスタ、おすすめです。
味も良いし、いまどきワンコインの500円。
今月はナポリタン+サラダ付。

食後は250円のソフトクリームをどうぞ。
牛乳た~っぷりですよ。

食べ終わったらここのシェフ南部さんに「ごちそうさま」をお願いします。

プロフィール

村杉温泉・環翠楼

Author:村杉温泉・環翠楼
環翠楼は、6,000坪の広大な森に囲まれた閑静な和風旅館です。
森を抜けると庭園が広がり、春夏秋冬違う表情を見せ、私達を楽しませてくれます。大きな池には鯉が泳ぎ、木立、石、苔など深い自然の懐に抱かれたような情景は、言葉に言い表わしがたい感があります。どうぞ、日常を離れ、贅沢なひとときをお過ごしください。

月別アーカイブ

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。