スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格!

あはっ。やりました!!
合格です!!

全米ブライダルコンサルタント協会認定
ブライダル・プランナー検定二級に合格しましたー!!


一年間、スクールに通い、基本的な知識を勉強させて頂き、
最後の一ヶ月間は仕事が終わってから教科書開いて詰め込み。。。。
はぁ。なんだか気がらっくり。

いつか何かの役に立てれば幸いです。
日々、勉強。
前を向いて進むぞー。
スポンサーサイト

紅葉情報

今年の紅葉は例年より一週間程遅くなると
予報を聞いたばかりですが、
環翠楼の庭園のモミジに変化が!


老木ですからね、
こんなこともあるようで。

全国の紅葉予報が出て、「早いようです」「遅いようです」と言っても、
いつも環翠楼の紅葉は11月20日前後が見頃です。
今年も変わらずそうだと思います。

新発田のさざなみさんl。

今日は環翠楼から車で30分、新発田の【さざ波】さんへ
お食事におじゃましました。
美味しいお食事と美味しい日本酒、弾むおしゃべり。
久しぶりに仕事忘れて(ごめんなさい)楽しみました。
ありがとうでした。

11月1日は新発田のおごっつぉ祭り。
新発田の9つの料理屋さんが
前菜、先付け、お碗、お造り・・・をそれぞれが担当して
ひとつのコースを提供してくれる楽しい企画です。
今年はどんな美味しいお料理が出てくるかなぁ。。。。
楽しみです。

ひとつの事を続ける大切さ、皆で何かをやる大切さ、大変さを
考えながら帰ってきました。
あっ。仕事忘れたはずが。。。。


茶処【和み】OPEN

村杉温泉街に茶処【和み】がOPENしました!

早速OPENしたての【和み】さんにおじゃましましたよ。
黒ゴマのブランマンジュ、かなりおすすめです。
とろ~りなめらか。
お菓子は全て手作りで、日替わりになるそうなので
毎日あるのかはわかりませんが、
もし、あったら、是非食べてみてくださいね。
美味しいです!
コーヒーは250円。
はぁ。なんて、良心的な。。。。

村杉温泉の和みの場。
地元の人も沢山集まる場です。
旅館にいらっしゃるお客様と楽しい時間が過ごせたら幸いです。

きのこ

きのこ博士、石本さんに連れられ、
履き慣れない長靴を履いて庭をどんどん歩いて行くと


あっ!あの群は。。。
CIMG1650.jpg

なら茸です。
早速摘まなきゃ。
CIMG1649.jpg

CIMG1648.jpg

小池さん

笑顔の素敵な小池のおじいちゃん。
環翠楼の庭を隅から隅まで竹ぼうきで綺麗に掃除をしてくれています。
毎日、自転車で30分の距離を通ってきてくれています。
CIMG1644.jpg

「こんないい庭、他にね~さ~。」が口癖です。

私は
「小池さんみたいに、
うちの庭きれ~にしてくれる人、いね~さ~。」

今日も環翠楼の庭はきれいです。

きのこの季節です

環翠楼の庭にきのこが出始めました。
今日摘んできたのは【かわきのこ】。


自然のきのこは味はもちろん、香りが違います。

五頭にカフェオープンします。

CIMG1640.jpg

五頭温泉郷にもうすぐカフェがオープンします!
環翠楼の美味しいお茶請けのお饅頭を作ってくれている
玉峰まんじゅうさんの一角が
カフェスペースとしてリニューアルオープン。
その名は【G.Hエリカーノ】。
お店の中に入ると美味しそうなケーキがずらりと並んでいます。
おすすめはシューロールケーキ【エリカーノ】。
CIMG1635.jpg

村杉温泉から出湯温泉へ向かう途中にあります。
この看板が目印です。
CIMG1636.jpg

冬の妖精 瓢湖の白鳥 今日は57羽!

環翠楼から車で10分。
瓢湖(ひょうこ)に冬の妖精 白鳥が飛来しました。

観光協会から届いた報告によりますと、
今日の飛来数は57羽!

日中は近くのたんぼにエサを食べに出かけていますので
瓢湖には殆どいません。
一度チェックインした後、
日が暮れそうな頃になりましたら、
軽くお出かけしてみたらいかがでしょう?
たんぼから飛んで戻ってくる姿、優雅ですよ。

モミジの巨木

環翠楼には沢山のモミジの木があります。
今日は、後、一ヶ月もすると色付き始めるモミジ話をひとつ。

池の向こうに写っているこのモミジの木。
私達は【三色モミジ】と呼んでいます。
秋になると一本の木なのに三色の色に染まる素敵な木です。
CIMG1629.jpg

樹齢100年近く。
原さんに幹周りを測ってもらったところ、
なんと2メートル20センチもありました。
CIMG1621.jpg

手が回りきらず、測るのも大変です。
CIMG1628.jpg

環翠楼のモミジのほとんどはおじいちゃんモミジです。
広い敷地の中に生えているのでそんなに大きくは感じられませんが
実は殆どが幹周り、1メートルくらいの太さです。
CIMG1626.jpg

黄色のモミジは山モミジで昔から庭園に自生していた木、
又はその子孫です。
赤色のモミジには物語があります。
なんと!大正の初期、群馬県の前橋市から運ばれたそうです!
当時、運ぶ手段といったら人の手。人力車。
どれだけの人が環翠楼の庭に携わって頂いたかと思うと
胸が熱くなります。

環翠楼の庭がこんなにも素晴らしい庭なのは
やっぱりご先祖様のおかげですね。
100年近いおじいちゃんモミジ達が
今年も綺麗に色付くことを願っています。

村杉の風景

村杉は秋の空気が爽やかです。
庭を抜けるとすぐの【うららの森】ではコスモスの花が見頃です。
CIMG1619.jpg

コスモス畑の真ん中には道があるので
そこに入って写真を撮ってみたらいかがでしょう?
本当にコスモスに囲まれている気分になれますよ。
CIMG1618.jpg

連休中日

朝、チェックアウト時に常連さんのおばあちゃまに「お正月もまた来ますね。」と言っていただきました。
池の噴水にきれいな虹がかかっていました。
風が心地好く、上を見上げるとモミジの葉がそよいでいました。
お久しぶりにお見えになったお客様にかわいい赤ちゃんができていました。
旅行から帰ってきた仲居さんがお土産に大好きな芋羊羹を持ってきてくれました。
日が暮れると秋の虫の声が聞こえました。
金木犀のいい香りが漂っています。

連休中日。
忙しかったけれど良い一日でした。

山の神様の日

今日は環翠楼の山の神様の日。
環翠楼だけの神社【治山神社】へお参りに行く日です。
 
この山。本格的な山なのです。
長い道のり。。。山登り。。。
いえいえ、ありがたい宮昇り。
CIMG1591.jpg

道のり?道。。。?
CIMG1592.jpg

もう少しで頂上の神社だ。。。
CIMG1594.jpg

ありがたい祝詞をよんで頂いて、
今年も一年、環翠楼にとって、環翠楼で働くみなさんにとって、
もちろん環翠楼にいらっしゃるお客様にとって、良い年になるでしょう。
CIMG1596.jpg

環翠楼に戻ってからは庭の奥に祭られているお稲荷様へ。
手を清めて、奥に進みます。
CIMG1606.jpg

商売繁盛、商売繁盛。
CIMG1602.jpg

無事に山の神様の日を終えることができました。

村杉の「和み」。

村杉の温泉街に和みができます。
【和み茶屋】。
10月19日のオープンに向け、
ピッチをあげて工事が進められています。
CIMG1584.jpg


先日、【和み茶屋】の前を通ったら
奥さんに声を掛けられました。
「これ、お店で出そうと思っているんだけれど、試食してくれない?」
「もちろん!!」
お料理上手の奥さんが作った葛餅は甘さも調度良く美味しかったです。
オープンが待ち遠しいです。

マコモ続き

昨日、ご紹介したマコモタケ。
今日は板長、秦さんがマコモキンピラを作ってくれました。


くるっと海苔で巻いて前菜の一品に。

マコモタケ

CIMG1576.jpg

マコモタケ。
ちょっとかわいいこのネーミング。
ご存知でしょうか?
マコモタケ。

ここ、村杉温泉では密かなブームになっております。
イネ科の植物ですが、
味はタケノコ?アスパラガス?スイートコーン?
美味しいんですよ。

今日はこのマコモタケを作っている農家の大野さん家へおじゃましました。
笑顔が素敵な大野さん。
CIMG1574.jpg

村杉のはずれにある大野さん家は大自然。
ニワトリが放し飼い。
CIMG1578.jpg

マコモタケ収穫。
CIMG1580.jpg

マコモタケ。
結構大きいのです。
CIMG1579.jpg

今が刈り頃。食べ頃だそうです。
たくさん作ったので刈るのが大変です。
私は見守るだけ。ごめんなさい。

新米コシヒカリとマコモタケの炊き込みごはん。
ほんのり甘くて美味しかったです。
CIMG1573.jpg

ただいま、マコモタケを皆様にも召し上がっていただこうと
板長と思案中です。

ご無沙汰しております。

たいへんご無沙汰致しまして申し訳ございません。
一ヶ月もの長い間、日記をお休みしておりました。
お客様に「どうしたの?」と声を掛けて頂いたり、
メールを頂戴したり、
ご心配をお掛けしました事をお詫び致しますと共に
深く感謝致します。
ありがとうございます。

日記はお休みしておりましたが、
毎日、笑顔でお客様をお待ちしておりました。

今日から日記復活!
一ヶ月もお休みすると、なんだか恥ずかしいですね。。。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

環翠楼 
若女将 弥栄子



プロフィール

村杉温泉・環翠楼

Author:村杉温泉・環翠楼
環翠楼は、6,000坪の広大な森に囲まれた閑静な和風旅館です。
森を抜けると庭園が広がり、春夏秋冬違う表情を見せ、私達を楽しませてくれます。大きな池には鯉が泳ぎ、木立、石、苔など深い自然の懐に抱かれたような情景は、言葉に言い表わしがたい感があります。どうぞ、日常を離れ、贅沢なひとときをお過ごしください。

月別アーカイブ

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。