FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟日報5月13日号 五頭からのたより『大地の恵みに季節感じる』

五頭のふもとの田んぼで田植えがほぼ終わりました。萌黄色に染まった木々や青い空がたんぼの水面に映え、上下に春が広がって視界に飛び込んできます。薫風はいくつもの真っすぐな線になって植えられている早苗の間を遠慮なく通り過ぎていきます。
 あぜ道に立つと、土くさく、青くさい、どこか懐かしい匂いに包まれ、自分まで大地の一部になったような感覚になるから不思議です。
CIMG2346.jpg

 春耕まで眠っていた大地。そこに人の手が加わり、耕されることによって、眠りから覚め、空気と栄養が入り、生命がみなぎる。私の体の底からもふつふつと力がわいてきます。植物と同じように季節を感じ取り、心と体が反応してしまうのはきっと自然の摂理なのでしょう。
 今の時期、旅館にいらっしゃるお客様のお膳やわが家のまかない料理にはタケノコやウルイ、タラの芽、コゴメなど、五頭の自然から採れた食材が並びます。山菜はこの時期だけ食することができる、まさに旬の恵みであり、田舎ならではの贅沢品です。タケノコはどこででも食べられますが、朝、掘り出したばかりのタケノコにはアクがなく、ほのかに甘いその味は格別です。それを知っているのはここに住んでいるからでしょうか。
CIMG2345.jpg

 地産地消という言葉は、その「地」で「産」まれたものを、その「地」で消」費するという意味です。とれたては何を食べてもおいしく、一番贅沢なことだと思います。しかし、なかなかその豊かさに気付かないことも事実です。
 季節とは関係なく、遠い国から運ばれてくるたくさんの食材に慣れ、「旬が」身近にあることに気付かない。そういう食文化になってしまいました。
 最も大切なことは消費できるものが、この地にあることだと思います。
 「地産地消」より「地讃地生」。その「地」を「讃」え、その「地」と共に「生」きる。この地に住ませてもらっていることを誇りに思い、いつでもありがとうの気持ちを持つ。そこから「ちさんちしょう」の本来の豊かさが見えてくるのではないでしょうか。
 季節を心と体で、そして味覚で感じ取ることができるのは、五頭の大地のおかげだと思っています。五頭の大地の恵みに感謝です。


写真説明
ゴールデンウィーク中、五頭山のふもとのあちこちでみられた田植え風景。家族総出で作業に当たる田んぼでは、農家の笑い声が青空に響いていました。

朝一番の仕事であるタケノコ掘りに精を出す環翠楼の男衆。「今日は大収穫だ」と笑みがこぼれます。

スポンサーサイト

新潟日報4月22日号 五頭からのたより『130年の広間に音楽の息吹』

 ハープの音色を聴いたことがありますか?間近でご覧になったことはありますか?優雅で滑らかな曲線美とピカピカの金色に装飾されたつややかな姿。赤と青と銀色の弦を持つ楽器。私の心は一目で奪われました。
 先日、ハープとフルートの演奏会が当館で行われました。130年前に建てられた会場の広間には音響設備も整っておらず、ステージもありません。
 シーンと静まり返った会場内。ハープ演奏者の奥田恭子先生のスッと息を吸い込む息遣いから演奏は始まりました。柔らかな指先から奏でるハープの音色が響き渡ったのと同時にお客様のほおが高潮したのを忘れられません。
 ハープとフルートの音色が会場だけではなく、そこにいるお客様の心をも包み込んだようでした。演奏者のバックに広がる庭園の景色が音楽にあわせて靜に春を感じさせてくれ、古びた広間が一気に贅沢な空間に変りました。
CIMG2175.jpg

 演奏の合間、先生がハープの説明をしてくれました。ハープは指先だけで弾くのではなく足でペダルを踏みながら弾く、弦は温度にとても敏感で曲の合間には必ず弦の調整が必要だと。優雅な楽器を思われがちですが、重量のあるもので支えるのに体力が必要なのだそうです。
 私の一目ぼれした楽器は大変な楽器であることが分かりました。すてきな楽器もその楽器を十分理解した演奏者がいなくては綺麗な音色を奏でることはできません。
 当館の築130年の大広間も、そこに建っているだけではただの古い建物かもしれません。実際、この度のコンサートを開くまでは、私の心の中ではそう思っていました。まさか、廊下の窓を開け放ち、庭園の木々を背景にした自然が、音楽と一体になったステージになるとは夢にも思っていませんでした。何が功を奏するか分かりません。
 私達は普段、自ら勝手に値決めしている節があります。無いものをねだり、あるものを使わない。もしかしたら気付いていないだけかもしれません。身近にあるもの、そこに佇むもの、隣にいる人、それらには大きな可能性が含まれていると思います。
 観光や地域づくりもそういうところに目をむけてみることも大切だと、気付かされたコンサートでした。
CIMG2276.jpg


写真説明
コンサート会場の広間から見渡す環翠楼の庭園。モミジの芽吹きは赤色から始まり、その後、柔らかな緑色の葉が開く。
ハープ演奏者の奥田恭子さん(右)とフルート演奏者の正木燈子さん。奥田さんは2005年、モスクワで行われたVera Dulova国際ハープコンテストで優勝。正木さんはアジア国際音楽コンクールで2位(1位はなし)を受賞。柔らかな春の香りを届けるようにハーモニーを奏でる2人。

新潟日報4月8日号 五頭からのたより『力強い雪割草に勇気得る』

 わが旅館には自称、山野草博士がいます。普段は事務員さんですが、山野草が咲き誇るこの時期ばかりはちょっと変身します。お天気がよいと庭園内を歩き回り、帰って来ては「雪割草、咲いていた!」とにっこり。
 環翠楼の庭園にはたくさんの山野草が咲きます。自生したものがほとんどですが、自然の森ではないので、花が咲くためには、ほんお少し人の支えが必要です。人が林の中を歩いては土が硬くなって芽を出すことができません。環境を保つこと、自然に近い形で支えること、これも博士の仕事のひとつです。CIMG2190.jpg
CIMG2176.jpg

 私が村杉に戻って来たばかりの頃、山野草には全く興味がなく、どの花を見ても同じに思えました。華やかな都会から田舎へ戻って来た自分と日陰でひっそりと咲く花を重ね、悲しく思ったりしました。そんな私を博士は外へ連れ出し、自然の素晴らしさを丁寧に教えてくれました。おかげさませ今では庭園内に咲いている花の名前なら何とか答えられるようになりました。雪割草でしょう、カタバミでしょう、シラネアオイ、チゴユリ、ショウジョウバカマ、イチゲ、イカリソウ、シュンラン、エビネ。ほらねっ。
とかく毎日は力みがちですが、たまには力を抜いて下を見たり、立ち止まってみたりすることも悪くないなぁと感じます。雪割草の可憐な花たちは私の心を優しくしてくれます。長い間、重たい雪に埋もれていただろう小さな蕾が、落ち葉の積もる土を力強く持ち上げる姿は、私に前へ進む勇喜を与えてくれます。
 私が困っていると、博士は言います。「自然から学ぶことがたくさんよ」と。身の回りにあるどんな小さなものからでも学ぶことの大きさに変りはない。花を眺めていると本当にそう思います。
CIMG2347.jpg

 3月1日、雪割草は新潟県の草花に指定されました。一人一人がこの花をより身近に感じ、大切にしていけたら素晴らしいことだと思います。

写真説明
環翠楼に咲く雪割草。春の訪れを教えてくれる代表的な花です。
「博士」は今日も旅館の庭園に。幸せそうに山野草の説明をしてくれます。

新潟日報3月25日号 五頭からのたより『変わらぬ故郷 支える人々』

 五つの頭を(峰)を持つことからその名がついた山、「五頭山」。(ごずさん)全国森林浴の森百選にも選ばれた自然豊かな五頭山のふもとには三つの温泉があります。
CIMG2082.jpg

 新潟県で最古の歴史があるという「出湯温泉」、閑静な一軒宿の「今板温泉」、杉の香り漂う「村杉温泉」。これらをあわせて「五頭温泉郷」と呼んでいます。
 私は村杉温泉の小さな旅館の跡取として生まれ育ちました。当初は旅館業というものにあまり興味のなかった私でしたが、都会での学生生活や社会人としての経験の中で、ふるさとの自然や人々を振り返るようになり、Uターンしました。
 若おかみなどという職業が似合わない私ですが、今は大好きな旅館と五頭のために毎日笑顔で張り切っています。
 なぜ五頭が好きなのか、いつから好きになったのか、自分でもよくわかりませんが、おそらく旅館業をとおして多くの人と接することで、じんわりとそうなったような気がします。人も自然も不思議なもので、接することで味わいもぬくもりも伝わってきます。
 村杉温泉の真ん中には共同浴場があります。地元の人はもちろん、近郊からもお湯をお求めにやって来るといったにぎわいです。
CIMG2080.jpg

 番台には地元のおばちゃんが、お風呂の前の駐車場にはトラックに野菜を積んだ八百屋のおばちゃんが愛想良く座っています。ぶらりと歩けば必ず笑顔で話しかけてくれます。
 小さい頃から何も変らない光景かもしれませんが、当たり前のことを当たり前にすることが、簡単ではないということを村杉に戻り、気付くことができました。
 温泉街で一番高い所、お薬師様を祭るお堂にちょこんと腰を下ろしひと休み。ここに登るとぐるりと村杉を見渡せます。
 自然が残り、清水が湧いています。人がいて笑っています。村杉を大きく包んでくれるようなゆるやかな時間があります。この時間も、ここに暮らす人それぞれが大切に想うものを守ってきたおかげだと想います。
 私はこんな想いが感じられる村杉が大好きです。

写真説明
中央に見える頂が五頭山。天気が良い日には抜群の眺め。
村杉温泉の共同浴場近くで毎日、野菜を売りに来る女性。こんな笑顔がみんなに伝わるといいなぁ。

『五頭からのたより』始めます。

実は3月から新潟日報の夕刊にてコラムを書かせて頂いております。
県外の方にも読んでいただきたく、ブログに載せてみることにしました。

つたない文章ではありますが、お暇つぶしに読んでいただけましたら幸いです。

お出かけするなら五頭へきてね♪

今日は五頭温泉に「おでかけKomachi」の取材がきてくれました。
足湯やうららの森を取材、
うららの森では電動レンタサイクルに乗ってス~イスイ。
CIMG2323.jpg
「体験」では蕎麦打ちを。
指導の先生も可愛いモデルさんを前に熱が入ります。
蕎麦のできあがり☆

CIMG2322.jpg

私もおじゃましてご馳走になりました。
みんなで一緒においしくいただきました。
CIMG2325.jpg

次の週末のおでかけは是非、五頭へいらっしゃってください。

たけのこ豊作

今日は新聞に載せる写真を撮る為に
タケノコ掘りに行く石本さんと阿部さんに付いて環翠楼の竹薮に行ってきました。
今日も豊作。
CIMG2330.jpg

「カメラ目線は駄目だよぉぉ」と言っても二人はにっこりカメラ目線。

田植え

GW。五頭山の麓では田植えが始まりました。
稚苗の間を遠慮なく吹き抜ける風は爽やかです。
CIMG2329.jpg

プロフィール

村杉温泉・環翠楼

Author:村杉温泉・環翠楼
環翠楼は、6,000坪の広大な森に囲まれた閑静な和風旅館です。
森を抜けると庭園が広がり、春夏秋冬違う表情を見せ、私達を楽しませてくれます。大きな池には鯉が泳ぎ、木立、石、苔など深い自然の懐に抱かれたような情景は、言葉に言い表わしがたい感があります。どうぞ、日常を離れ、贅沢なひとときをお過ごしください。

月別アーカイブ

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。