スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟日報11月26日号 『五頭からのたより』支え合う暮らしに幸せ

環翠楼の広い庭園が一年で一番鮮やかな季節になりました。色づいたモミジの赤と黄色、老杉の緑、色鮮やかな木々にサラリと掛かった初雪の純白。それぞれの持つ色がお互いの色を引き立たせ、単色で見るよりも美しく目の前に広がります。
 先日、大風が吹き、地面には落ち葉で埋め尽くされました。モミジのじゅうたんのようだとお客様は感激しておられましたが、その傍らで黙々と庭を掃く人がいます。ボランティアで庭の手入れをしてくれるようになって三年。この庭が大好きだと通ってきてくれているおじいちゃんです。
 「落ち葉、きれいだから、そのままにしておいたら?」と声を掛けると、「毎日の積み重ね、今日できることは今日、明日のことは明日」と手を休めることなく働きます。
 ツツジの低木の下にある落ち葉を吐き出している時には「何で皆が通る大きな通りより先に、皆が気付かないような所から掃くの?」と聞いてみました。すると彼は「着物と一緒さ。きれいな着物も帯びも、袖口や襟が汚れていたら台無しだ。この庭もおんなじさ。こういうところをきれいししておけば、庭はなおさらきれいに見えるんだ」と話していました。
 「難儀くなぁい?」と尋ねると「なにさぁ、ここにいるだけで元気になれるがね」と満足そうな笑顔を見せます。おじいちゃんの屈託のない笑顔に心を引かれ、紅葉以上に目を奪われてしまう、そんな自分に驚かされます。
 何事もなく平穏に過ごせる日々、それはおじいちゃんのように、陰で支えてくれる人がいるからだと思います。隣で支えてくれる人はもちろんのこと、見えないところでも自分を支えてくれる人がいることを忘れてはいけないのだと思います。そして私も誰かを支えられるような存在になりたいと思います。
 それぞれの色が織り合って生まれる紅葉の錦絵ではないけれど、お互いに尊重しあい、支え合える日々の暮らしに「豊かさ」や「幸せ」があるのではないでしょうか。
 トレードマークの竹ぼうきを片手に照れくさそうに小さく手を振り、お客様を見送るおじいちゃん。小さな体だけれど、私にはとても大きな存在です。
CIMG3017.jpg


写真説明 
色鮮やかに木々が色づいた庭園の落ち葉を掃くおじいちゃん。
この時期は毎日のように庭掃きですが、日々の積み重ねが大切です。
スポンサーサイト

初雪です。

二日前、五頭の里にも雪が降りました。
庭園のモミジもまだ緑色が残っているのに。
それも10センチ近く降ったでしょうか。
ここに暮らす私たちも驚いていました。
今日は久し振りの晴れ。
遠くに見える五頭山も雪化粧し、きれいです。

ここまでの道を心配される方もいらっしゃることでしょう。
しかし、大丈夫!
道路には全く雪はありません。
日中、日が差していたので、写真よりも雪は溶けました。
CIMG3016.jpg

どうぞ、お気をつけてお越し下さいませ。

紅葉

チェックインの時間になり、お客様をお出迎え。
おや?
モミジの模様の車?
CIMG3000.jpg
いえいえ、
上を見上げると、真っ赤に色づいたモミジの木が。
車に映ったモミジ。あまりにもきれいだったので写真をパチリ。
CIMG3002.jpg
これから環翠楼の庭園は錦に包まれます。

新潟日報11月12日号 『五頭からのたより』パワフルな地元女性陣

ここ五頭温泉郷に、突然、県内のテレビ局からの取材依頼がきました。どうやら阿賀野市全体の取材らしいのですが、こんな小さな集落にもテレビが来るということで、地元のおかあちゃんたちは大騒ぎです。 
 村杉のおかあちゃんたちは、とにかく笑い、パワフルです。朝は早くから畑仕事。「ほんのおすそ分け」なんて遠慮がちな事を言いながら、片手では抱えきれないほどの生花や新鮮な野菜を、旅館に持ってきてくれる方もいます。
 客室に飾る華はほとんどが地元の方からの頂き物です。本当にありがたいと思います。自ら採った柿は丁寧に皮をむき、軒下につるして干し柿に。豆が手に入れば、一つずつつぶして「ぶち豆(うち豆)に。大根の葉は塩に漬けて保存食にします。漬けた葉で冬に作る茎菜汁は最高です。
 人の喜ぶ顔を見るために、自分にできることを探し、それを楽しんでやっているような村杉の女性陣。そんな心優しい人たちは誰かに喜んでもらうためだったら、手間や時間は惜しみません。
 そこに舞い込んだテレビの取材。おかあちゃんたちの顔がいつにも増して、張り切り、輝いてみえるのは決して気のせいではありません。
 「普段通りの姿でお願いします」という取材スタッフに対して、「えっ?普段通りで良いの?」と一瞬気が抜けたようでした。しかし、すぐに元のパワフルな姿に戻りました。
 カメラは回っていましたが、おのおのが作った郷土料理を持ち合い、相手の料理の味を褒め合う。いつも通りの楽しい時間を過ごすことができたようでした。
 取材に求められたのは、特別なことではなく、ここに住む人たちの普段通りの姿でした。大変なことを大変だと思わずにやること、日常生活を笑って過ごすこと。また、ご近所さんとのつながりを大切にすることだったのです。
 心を開くこと、受け入れることが、少し勇気がいるようになってしまった昨今。
誰かに喜んでもらいたいという気持ちを持つことが、人とつながっていられる一番の方法なのかもしれません。
 普段通りの生活を送れることの凄さ、正直に生きることの凄さ。今回の取材を通して、村杉のおかあちゃんたちが、私に教えてくれました。
CIMG3003.jpg


写真説明
ぶち豆を造っているところに村杉の女性陣が集まってきました。よく笑いパワフルなお姉さまたちも
カメラを向けると少しおすまし顔。
 

五頭山の紅葉

五頭の里から見える山々はすっかり赤くなりました。
麓の杉の緑色とのコントラストがとっても綺麗です。
CIMG2951.jpg

プロフィール

村杉温泉・環翠楼

Author:村杉温泉・環翠楼
環翠楼は、6,000坪の広大な森に囲まれた閑静な和風旅館です。
森を抜けると庭園が広がり、春夏秋冬違う表情を見せ、私達を楽しませてくれます。大きな池には鯉が泳ぎ、木立、石、苔など深い自然の懐に抱かれたような情景は、言葉に言い表わしがたい感があります。どうぞ、日常を離れ、贅沢なひとときをお過ごしください。

月別アーカイブ

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。