FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟日報1月28日号『五頭からのたより』

五頭の里にも雪が積もり、やっと、越後の冬らしい景色になりました。
雪上に舞い落ちる雪が作り出す景色は、一言で「白」とはいえないような濃淡のある世界です。
耳を澄ませば、深々と降り積もる雪の音が聞こえてきます。冬が寒いのは当たり前ですが、
この「白」の中に、暖かさを感じられるのは不思議です。
 村杉温泉街の真ん中には共同利用の浴場や足湯、露天風呂があります。寒い外気に温泉の湯気がモクモクと上り、この一帯は冬でもたくさんの人たちで賑わっています。
村杉の湯は無色無臭で、一見何の変哲もないようなお湯です。
しかし、実は希少価値の高いラジウム泉で、体の芯からよく温まり、何度もここに通う人が後を絶ちません。
 地元の人たちも足を運ぶ共同浴場では、よそから訪れた方たちの声も交わり、楽しそうな声が響いています。
コートを着たままでも、気軽に入れる足湯では、近くで汲んできた清水を飲みながら、ゆっくりと読書をする方もいます。どのくらい足を入れていたのでしょうか、額にはじんわり汗がにじんでいる人さえいます。
 私も穴場の時間帯を狙い、一人露天風呂へ行ってみました。簡易の脱衣場は外気と同じくらい寒いのですが、それがまた、温泉に入る気持ちを一層掻き立てるのです。
 しめしめ誰も居ないぞ。
 冷えた足先を湯船にそろりと入れると、ジーンと頭のてっぺんまでしびれるような感覚になります。
湯船につかれば、顔に当たる粉雪が気持ちいい・・・・。
開放的な気分になり、体だけではなく心もリフレッシュさせてくれます。
 もしかしたら、温泉の魅力って、お湯そのものの良さだけではないのかもしれません。
温泉につかりながらのおしゃべりや鼻歌で気分が楽しくなったり、
一人無心になtって自分に返ってみたり。
また、手足を思いっきりのばして疲れを取ったり、周りの景色を眺めて心がすがすがしくなったりするのも良いものです。
 温泉に求めるものは、人それぞれで、温泉が人に与える影響もそれぞれに変わってくるのだと思います。
今日はどんな方たちがここへやってくるのでしょうか。
五頭の温泉はいつもと変わらず湧き続け、皆さまをお待ちしております。

CIMG3128.jpg

村杉の共同露天風呂で雪見風呂を楽しむ男性。
「最近、よく来るんです。ここ、最高!」と話してくれました。
スポンサーサイト

雪情報

昨日の夜まで何も無かった雪。
今朝、起きたら一面雪景色。

水をたくさん含んだ重い雪です。
道路はまずまず、大丈夫。

こちらへ向かう方、どうぞ、お気をつけてお越し下さい。

水原代官所

「おひかえなすって!」「ははぁ~。」というようなこの場面。
今日は村杉から車で10分、白鳥の湖、瓢湖から歩いてすぐの
「水原代官所」へ行ってきました。

水原代官所パンフレットより
江戸幕府は、直接支配する地域に代官所をおきました。水原代官所も地方におかれた代官所のひとつで、下越地方を中心とした、新田開発を進め、幕府にとって大切な、豊かな年貢米を確保することや近くの藩の監視・情報収集などの目的で、延享(えんきょう)3年(1746年)に設けられました。
慶応4年(1868年)に会津藩預かりとなるまで、約120年間続きました。
それから127年経った平成7年に復元されました。

全て地元の大工さんや瓦屋さんの力で復元された代官所。
当時の水原の様子が分かるだけでなく、建物自体を楽しむこともできます。


下の写真は「水原代官所」に併設されている「歴史資料館」の奥の一室での作業風景です。
ここでは阿賀野市で発掘された土器などの修復作業が行われています。
特別?に見せていただけました。

瓢湖や村杉温泉のある「阿賀野市」では土器がたくさん見つかっています。
縄文土器の火えん土器や弥生土器。
資料館の方の説明では、弥生時代の土器の発掘は少ないのですが、
ここ阿賀野市からは、よく発掘されるのだそうです。
また、新潟県で一番古い発掘品の展示もあります。
「一番古い」という言葉、わくわくしませんか?
CIMG3117.jpg

雪20センチ!

雪が降り、すっかり「新潟の冬」です。
離れの客室の屋根には20センチも積もっています。
まだ、雪下ろしはしなくても大丈夫だなぁ。
CIMG3107.jpg
しかし!
離れへのお部屋へはお庭を通ってのご案内。。。。
CIMG3106.jpg
大丈夫です!
離れまで、みんなで力を合わせて雪除けしておきました。
写真の奥の方で仲居さんが一生懸命雪掻きをしてくれているのが見えますか?

雪は避けても、やはり新潟の冬。
どうぞ、滑りにくい靴でお出かけください。

新潟日報1月14日号 「五頭からのたより」 大切なものは日常の中に

年が明けてから、もう半月過ぎ、明日は小正月。遅くなりましたが、皆さま、あめましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 新潟県が「大観光交流年」と宣言した2009年。NHK大河ドラマ「天地人」に始まり、「トキめき新潟国体」、JR東日本などが展開する「新潟デスティネーションキャンペーン(DC)」など、さまざまな場面で新潟が注目される機会が多くなります。私たち旅館業はDCとタイアップし、「うまさぎっしり新潟」と題して、食、自然、歴史、温泉など、ぎっしり詰まった新潟の魅力を発信します。
 魅力といっても地域によって大きく異なるので、ここ五頭温泉郷でも五頭の魅力とは何かを考える話し合いが設けられました。新鮮な地元の有機野菜をふんだんに使った体に優しいお料理や、五頭山麓が作り出す美しい風景、七箇所もある名水スポット。その自然を守るための人々のエコ活動や、今年開湯1200年を迎えた県内最古の歴史・・・。
 地味かもしれないけれど、ここにしかない「ぎっしり」があることを再確認し、特別なことをあえてせず、いつもと変わらないおもてなしの心でお客様をお迎えすることになりました。
 天地人は「義と愛」、トキめき国体は「ふれあい・支えあい」、DCは「うまさぎっしり」。それぞれのぁぁげたテーマは実はそんなに特別なことではないように思います。けれども、それらを今、身近に探そうとすると容易ではないのかもしれません。
 だからこそ、一見普通の事が問われ、その中で本当の大切なものを見つけ出さなければいけないのだと思います。情報を発信する前に、まず、私たち自身の日常こそが問われているのではないでしょうか。
 新潟の持っている、その土地の持っている、そして、そこに生きる人たちの持っている「普通で大切なもの」とは何か。大観光交流年は、身近にある「宝物」を見つめなおす良い機会ではないでしょうか。そういう気持ちを大切にしていければ、きっといい年になるような気がします。
 2009年は、新潟を訪れたお客様が、日常の中にある大切なものに気付くお手伝いができるよう、頑張りたいと思います。


CIMG3113.jpg

小正月を迎える準備で、繭玉飾りをする環翠楼の仲居たち。いつもと変わらないおもてなしの心がお客さまに伝わるとうれしいです。

繭玉飾り

15日の小正月に向けて、繭玉飾りをしました。

数は決して多くはありませんが、毎年続けているこの行事。
「懐かしいね」と立ち止まり、見上げている方もいらっしゃいます。

あけましておめでとうございます!

皆様、あけましておめでとうございます!

お客様で賑わうお正月も過ぎ、
やっとこさ、落ち着きました。

毎年、笑顔でお客様と「あけましておめでとうございます」と
交わすことができる幸せ。
はぁ、今年もよい年になりそうだ。

今年もどうぞ宜しくお願い致します!

プロフィール

村杉温泉・環翠楼

Author:村杉温泉・環翠楼
環翠楼は、6,000坪の広大な森に囲まれた閑静な和風旅館です。
森を抜けると庭園が広がり、春夏秋冬違う表情を見せ、私達を楽しませてくれます。大きな池には鯉が泳ぎ、木立、石、苔など深い自然の懐に抱かれたような情景は、言葉に言い表わしがたい感があります。どうぞ、日常を離れ、贅沢なひとときをお過ごしください。

月別アーカイブ

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。