スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいぶ涼しくなりました

昨日あたりからだいぶ涼しくなりました。

待ちに待った雨も降り、
環翠楼の庭の木々や苔もうるおいました。

お庭を散策する際は
番傘を使ってみるのはいかがでしょう。
雨の中をゆっくり歩くのも
たまにはいいかもしれません。
スポンサーサイト

お盆

明日はお盆。

帰省のお客様、
どうぞお気をつけて新潟までお越しください。

お湯くみまつり

建武2年に発見された村杉温泉は今年で675年の歴史があります。
その村杉温泉の歴史などを伝えていこうと始まったお祭り
「お湯くみまつり」が今年も例年通り8月15日に開催されます。

温泉街では子供みこしや御神楽が披露されます。
うららの森では屋台が出、生ビールが振舞われたり、
お湯かけ、お湯配りといった温泉地ならではの珍しい行事も登場します。

是非是非、村杉温泉にお越しください!

米どころ

米どころ新潟、
少し車を走らせれば道路の両脇がたんぼです。
IMG_2832.jpg
みどり色の田んぼに青い夏空。
エアコンが利いた車の窓を
ちょっと開けてみると、
ボワッと暑い空気と
青いにおいが飛び込んできます。

IMG_2833.jpg
あと一ヶ月もすれば新米の時期。

ハスの花が見頃です

環翠楼から車で10分、瓢湖のハスの花が見頃です。

IMG_2827.jpg
一面に広がる
ハスの花の向こうには
五頭山が青く見えます。

IMG_2828.jpg

お盆にはこのハスの花は
刈り取られるそうなので
見に行くならば
今がおすすめです!

つり

環翠楼の池で釣をしているおじいちゃん。

IMG_2819.jpg

最近、お目見えです。
さぁ、どこにいるでしょうか。
探してみてくださいね。

庭のお手入れ

環翠楼の庭は自然のまま。
何百年もそこに佇む杉や松の大木。
木漏れ日を見つけてそこに葉を広げるもみじ。
落ちた葉が腐葉土を作り、そこに咲く山野草。


環翠楼は杉並木を通って館内までご案内します。
「車、通っちゃいけないと思った。」とよく言われるのですが、
どうぞ、お車のまま、建物が見える庭の奥までお進みください。

IMG_2817.jpg
今日は朝から
阿部さんと小池のおじいちゃんが
庭のお手入れを。
いつの間にか少しずつ土が減ってしまった土を補充します。

IMG_2816.jpg
「コンクリートで固めたら?」
なんて言わないでください。
手間はかかるけれども、
それでもこの景色は守っていきたいのです。

竹灯り始めました。

少し遅くなりましたが、竹灯りを始めました。
IMG_2821.jpg

蝉の声が響き渡る
昼の環翠楼の森。

IMG_2826.jpg


静かに灯りが燈る
夜の森。








お楽しみ頂けましたら幸いでございます。

GNH ―Gross National Happiness―

少し長いお休みを頂いて、
ブータンという王国へ行ってきました。

いまだ旅行者の行動に制限があるような国ですが、
この度はブータン王国に住んでいる知人からの招待状を受けての旅でしたので、
国内を自由に行動することができました。


ブータン王国で一番興味深かったのは
「GNH ―Gross National Happiness― 国民総幸福感」。
「GNP ―Gross National Product― 国民総生産」に替わって最近よく耳にする言葉です。
GNPで示されるような金銭的・物質的豊かさだけを目指すのではなく
GNH、精神的豊かさ、「幸福」をも進歩させていくべきだとする
ブータン王国の考え方はあらゆる面から注目されています。



2007年に初めて行われた
ブータン政府による国政調査で、
「あなたは今幸せか」
という問いに対し
9割の国民が
「幸福」と回答したそうです。

IMG_1029_convert_20100731122049.jpg
幸福という概念は
主観的なものですので
一律の尺度で
測れるものではありません。

人と比べるものでもありません。






今日はこんな良い事があった、
昨日はこんな切ない事があった等と差し引きして考えたり、
あれがない、これがないと悩んでみたり。
毎日の中にも一喜一憂。


ブータンで出会った人々に
「幸せですか?」と問われ、答えに悩んでしまい、
反対に「幸せですか?」とブータンの人々に問うと
「もちろん」と。
そんな返ってきた笑顔がなんだかとても嬉しくて
「幸せです」と答えてしまう私は単純でしょうか。

ブータンでいう幸せとは
自分にとってだけの幸せではなくて
人と人とのつながりの中にある大きな幸せなのかなぁなんて
考えながら帰ってきました。


帰国して時間が経てば経つほど
本当に心惹かれるブータン王国なのでした。

この度お世話になった「リバティ」さんsafe_image.jpg

プロフィール

村杉温泉・環翠楼

Author:村杉温泉・環翠楼
環翠楼は、6,000坪の広大な森に囲まれた閑静な和風旅館です。
森を抜けると庭園が広がり、春夏秋冬違う表情を見せ、私達を楽しませてくれます。大きな池には鯉が泳ぎ、木立、石、苔など深い自然の懐に抱かれたような情景は、言葉に言い表わしがたい感があります。どうぞ、日常を離れ、贅沢なひとときをお過ごしください。

月別アーカイブ

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。